成田スカイアクセス線乗り潰し

今回も「京成沿線おでかけきっぷ」ネタです。

京成全線1日乗り放題が3回使えるきっぷで1回目は千原線、2回目は佐倉と成田、そして3回目は成田スカイアクセス線

 

f:id:knowledge_kura:20210919164805j:plain

途中駅の成田湯川駅へ移動。開業10周年(当時)のヘッドマークを付けた3100形に乗車。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164810j:plain

件のきっぷでなければ降りないであろう成田湯川駅に到着。電車の本数は概ね40分間隔となっており毎時1~2本と首都圏の鉄道の割には決して便利とは言い難い。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164813j:plain

中央2線は通過線、両側を相対ホームで挟んだ新幹線のような駅。尤も鉄道運輸機構が整備した駅なので、造りがどことなく新幹線っぽい雰囲気になるのかしら。前述の本数の少なさも相まって人影が殆どない点も新幹線っぽさを増長する要因かも。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164821j:plain

f:id:knowledge_kura:20210919164824j:plain

この区間のスカイライナーは160km/hで走行しており、信号は緑色2灯のGGが現示されます。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164841j:plain

f:id:knowledge_kura:20210919164844j:plain

電車の本数少ないので、コンコースもウロウロ。コンコース階には成田湯川駅の模型が展示されています。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164833j:plain

雨が降っていたので駅からは出ず、そのまま成田空港方面へ。画像右端のホーム端の柵には駅間の最高速度が掲示されておりAE(スカイライナー)は160km/h、特急は120km/hであることが分かります。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164847j:plain

f:id:knowledge_kura:20210919164852j:plain

成田空港第2ビル駅で下車。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164856j:plain

f:id:knowledge_kura:20210919164859j:plain

撮影は2020年8月。(現在もではありますが、)新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっていた時であり殆どの航空便は欠航でした。人っ子一人いない異様なターミナル内のディスプレイにオリパラのキャラクターが映っているシーンは今も忘れられない景色です。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164903j:plain

数少ない出発便を見送る地上職の係員。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164907j:plain

遠くには所在なさげに留置されている機材が並んでいました。

 

f:id:knowledge_kura:20210919164914j:plain

成田空港駅の車止め。

成田新幹線として整備された構築をJR東日本京成電鉄が使用しており、線路のある側が京成電鉄、構築のみの空間がJR東日本

 

f:id:knowledge_kura:20210919164911j:plain

帰りはスカイライナーで一気に東京へ。言わずもがな、1両貸し切り状態でした。

 

 

210904_別館更新

9月4日15時00分頃に別館を更新しました。


前回更新時から動きのあった事象(新製や廃車など)を反映いたしました。

 

その他の内容については、各編成表ページ最下部の更新履歴に記載しておりますので、ご参照ください。

 

formation.g1.xrea.com

 

今回もメールフォームより情報提供をいただきました。
ご協力ありがとうございました。

 

 

以上

まち歩き_日暮里から王子

f:id:knowledge_kura:20210829181652j:plain

日暮里駅から王子駅へ向けて歩きました。6月にも西日暮里から王子へ向けて歩きましたが、その時は線路と同じ低地側に対して今回は高台側を線路沿いに…となります。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181655j:plain

f:id:knowledge_kura:20210829181659j:plain

この界隈を歩くときに様子をみるのがアスファルトに空いた穴に植えられた植物。葉の形的にトマトのような…?

 

f:id:knowledge_kura:20210829181704j:plain

諏訪台通りを北上すると西日暮里駅。ここで高台を切り開いた道灌山通りを越えます。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181540j:plain

f:id:knowledge_kura:20210829181548j:plain

道灌山と呼ばれる高台には良い感じの所々階段が存在します。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181543j:plain

高台から見た線路。前回の西日暮里から王子へ歩いた時は新幹線の向こう側の住宅地を歩きました。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181552j:plain

f:id:knowledge_kura:20210829181555j:plain

歯科医院の足元に存在する国鉄の敷地境界を示す境界杭(工点)がありました。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181559j:plain

別の場所にも。工点から線路側の法面の空間を利用して公道を整備したのでしょうかね。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181603j:plain

緩やかに続く不動坂の下に小ぢんまりした駅舎側の田端駅があります。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181607j:plain

こちらが栄えている側の田端駅付近。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181611j:plain

品川駅から北上してきた山手線が池袋へ向けて進路を西へ変える場面がこの場所。高台を掘割で通り抜けます。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181615j:plain

f:id:knowledge_kura:20210829181619j:plain

再び工点を見つけました。この直下には山手貨物線のトンネルがあります。そのトンネルの上にはJRの社宅をリノベーションした駒込ガーデンテラスと呼ばれる賃貸住宅が立ち並んでおります。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181623j:plain

上中里駅に向けて緩やかに下るモチ坂。この地点では新幹線とほぼ同じ高さでした。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181627j:plain

坂道の切通とマンションの建設によって生じた急峻な地形。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181632j:plain

そして階段。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181636j:plain

神社でひと涼み…

 

f:id:knowledge_kura:20210829181640j:plain

印刷局と線路の間を通り抜けると、

 

f:id:knowledge_kura:20210829181644j:plain

飛鳥山の裏手に出たようです。飛鳥山まで来れば王子駅はすぐそこ。

 

f:id:knowledge_kura:20210829181648j:plain

王子駅に到着。

 

 

撮影日:2021年7月10日

 

f:id:knowledge_kura:20210829182810j:plain

今回のコース。約5km90分のまち歩きでした。