関西の旅 ~その3~

京都鉄道博物館に続いて吹田総合車両所の見学ツアーへ。駅を出て直ぐの地点で見つけた車輪のモニュメント。鉄道の工場がある街にちなんだものでしょうかね。

今回、吹田総合車両所見学ツアー第8弾に参加しました。今までは工場公開のイベントは大抵、無料だったわけですがコロナ禍で状況は一変。この手のイベントは密を避けるためにツアー形式が主となり、更に旅客減により苦しい鉄道会社にとって、少しでも稼ぐ手段に成り代わりました。また、とある車両基地の方が撮影会イベントで年数百万円の収益があったとのお話やこの見学ツアーも第8弾(現在、第10弾まで計画されているようで。)なので、貴重な収入源であることは間違いなさそう。

一方、参加者にとっても、混雑しない形での見学やちょっとした体験等の付加価値がもたらされるので、決して悪くはないと考えます。

 

受付を済ませ、会議室で当日のレクチャーを受けた後、係員の誘導により見学へ。

 

改造場に収まる車両たち。外装が外された207系は体質改善工事中でしょうか。

 

改造場の中へ入り、改造中の車両たちを見学。

 

体質改善工事中の223系。前面FRPをパテで補修中。

 

内装が外された207系。こちらも体質改善工事中。

 

運転室に設置されているスイッチの類。実際に触ることも可。

 

車体上げ下ろしの実演に供されたクモハ112-5302。

 

改造場の後は撮影会。道中、建屋内を通り抜け…

 

撮影会では201系、103系等が展示。

 

681系と281系は前面扉の開放実演もありました。

 

クモハ52001とクハ117-1。どちらも急行~新快速で走った車両。クモハ52の塗装を117系が継承しています。

 

撮影会のメインであつ201系と103系。どちらも残念ながら廃車された車両で解体前の最後の奉公といったところでしょうか。適時リクエストに応じて行先表示が変化していました。

 

103系はクハしかいないようで、クモヤを繋いで電源供給。

 

そのクモヤは扉を開けてジブクレーンを出した状態で展示。骨組み、電線管丸見えの無骨な車内も見ることができました。

 

規制線は必要最小限なので車両に近づいて観察することもできます。こんなふうに221系に近づけるのも今日くらいなもの。

 

この221系は出場間近なようで、綺麗な床下を観察できました。眼福なり。

 

別のエリアには225系と201系、クモヤが展示。クモヤ以外は無通電状態でした。

 

建屋内にはクモハ113-5302。その脇には103系の行先幕。実際に操作することもできました。

 

撮影会を終え、最後の地点へ移動。

 

最後は食堂でグッツ販売とヘッドマークの展示。

 

こうして約2時間ほどの見学ツアーは終了。食堂を出ると、かつてクモハ52が保存されていた屋根付きの線路が。補修するために仮説のレールを設置して移動させたのでそのレールが部分的に残されていました。いずれここにクモハ52が再度収まるのでしょうかね。

 

見学ツアーを終え、東京へ帰るわけですが、この日は東海道新幹線が停電で数時間止まった影響でダイヤ乱れ。幸いにして乗る列車が運休にならなかったことと、もともと指定席を買っていたこともあり、労せずして東京に着きました。

 

東海道線ホームに向かうとサンライズが停車中。最後までJR西日本の車両に縁を感じさせる一時となりましたとさ。

 

 

お終い

 

 

撮影日:2022年12月18日

 

関西の旅 ~その2~

前回に続き関西の旅です。

翌12月18日は吹田総合車両所の見学ツアーがありますが、これは午後の開催。それまでは京都鉄道博物館へ行くことにしました。

 

開館時間までは花園駅嵯峨野線の電車を撮影。前パンタを上げた223系が来ました。

 

同じく前パンタを上げた221系

 

きのさき・まいづる8号の287系。

後ろ4両のきのさきの屋根には雪が積もっています。豊岡方面は雪だったのでしょうかね。

 

京都鉄道博物館へ。

 

入場後、直ぐのプロムナードの展示車両群。

 

電車が好きな私としてはこの中では80系へ…3枚窓の初期型です。

 

客室はボックスシートが並びます。今となっては窮屈なシートピッチですね。

 

80系はクハ86とモハ80が展示されています。モハ80 001には広島車両所での修復を示す銘板が取り付けられていました。

 

このエリアはホームに停まっている列車をイメージしているようで、床下を眺めることはできません。

 

鉄道博物館に行くと大抵いるのが0系。JR各社で保存されているので恵まれた車両と言えます。

 

オレンジ色の103系がいました。かつて大阪環状線を走っていたクハ103-1。

 

クハ103は客室にも入れます。

 

おまけ

大阪環状線で現役だった頃のクハ103-1。その後、阪和線へ転じ廃車、博物館入りに際して大阪環状線時代の姿に戻されました。

 

トワイライトプラザの車両群。文字通りトワイライトエクスプレスの機関車と客車が展示されています。

 

屋根付きの場所に展示されているので綺麗な塗装状態を維持しています。

 

本館内へ…

 

クハネ581とクハ489。

 

Type Eva-02になった500系

 

前パンタの101系。本物かと思いきやモックアップなのだとか。

 

一段高い場所に展示されているDD51。ピットのような通路が設けられており、床下を見ることができます。ディーゼルエンジンで動く車両ならではの推進軸などをじっくり観察…

 

EF66DD51と同じく床下を覗けます。こちらはまぁ、見慣れた感があるので割愛。

 

国鉄~JR系の博物館としては異色な第三軌条と集電靴の展示品。大阪にあった交通科学博物館時代から引き継いだ品物でしょうか。他にも私鉄のFS系の台車も置いてあったりしました。

 

車両工場と称するエリアではJR四国キハ185系が展示されていました。ここは営業線と繋がっているので期間を区切って展示車両をとっかえひっかえすることができます。様々な車両や現役の車両が展示される訳なのでリピーター確保の一助になっているはず。

 

本館2階は駅務機器や信通系の機器が展示されています。駅務機器の一角には切符も展示されおり、なんとSuicaもいました。

 

奈良線京都~木津間の連動制御盤。複線化が進捗する同線ですが、これは単線時代のもの。

 

屋上では在線モニタ画面。眼下をJR京都線が通っているので両者を見比べるのも乙なり。

…この在線モニタ、IEで描画しているようですが問題ないのでしょうかね?

 

SLが並ぶ梅小路蒸気機関車庫を通り抜け…

 

二条駅舎より退館。思いの外時間を要してしまい、梅小路機関車庫はロクに見ずに終わってしまったのが心残りですが、再訪する理由ができたと前向きに捉えましょ。

 

 

続く

 

 

撮影日:2022年12月18日