まち歩き-乃木坂から四ツ谷

久しぶりの街歩きネタです。

レンズは広角めなカールツアイス・イエナのフレクトゴン20mmを付けて撮影しました。

 

スタートは千代田線の乃木坂駅。駅名に坂が付く通り、この界隈は高低差のある地域。私が撮影した場所は外苑東通りの面した3番出入り口付近。この下には都道413号の乃木坂トンネルがあり、更にその下に千代田線が通っています。

 

乃木坂トンネルの直上も都道413号と名乗っているようですが、通り抜け不可の道路なので交通量はほぼ0。

 

そんな通りを進むと高台から谷へ変化。それまで潜っていた乃木坂トンネルが現れる訳ですが、トンネル状の防音壁そのままが続いています。

 

防音壁は南青山陸橋として環状3号線を跨ぎます。トンネル~陸橋の変化をみるにつけ、高低差の激しいことが伺えます。

 

環状3号線へ下りると六本木ヒルズが見えました。その先には六本木トンネルがあります。…そういえば、近くに米軍のヘリポートもあったけ。

 

環状3号線を進むと駅の案内看板。よく見ると営団の文字。

 

都心にしては空が広い場所に来ました。どうやら青山公園というそうな。周囲は高台にあたり、ビルやマンションが折り重なるように建ちなんでおります。

 

そんな青山公園の中には住宅地がわずかに存在しております。おそらく、一帯を公園として整備する予定だったものの、時間の経過とともに整備計画が変更されのかもしれません。

青山公園を抜け、青山通りを渡り…

 

神宮外苑イチョウ並木へ。丁寧に栽培されたイチョウを植えたと案内板に記されていました。枝の広がり方が似ているような気がするのは盆栽のように整えながら栽培されたからなのでしょうかね。

 

銀杏から発芽したイチョウの芽。

 

きれいなシルエットですね。

 

外苑を抜けると現れた坂。しかも結構な高低差です。

 

坂を下ると新宿区と港区の区境でした。地割の雰囲気から、港区の案内板は片足が新宿区側に入っていそうな感が…そしてこの場所、千日谷といい、谷の始端にあたる場所でもありました。

 

中央線をくぐるトンネルへ。頭上には首都高4号線の高架。どうやら四ツ谷信濃町駅間にあるカーブに出てきたようです。

 

再び高台へ。この界隈、公明党創価学会のお膝元でしたね。

 

振り返って千日谷。総武線の電車もわずかに見えました。

 

そしてすぐに下り坂。

 

そして上り坂。手のように支谷が広がっているようで坂が多い界隈です。

 

高台に建つ須賀神社

 

狙ったわけではないのですが、映画「君の名は」で有名な階段を通りました。奥には上り坂が見えており、谷の特徴が現れております。

 

最後の上り坂。

 

振り返って撮影。初めてこの界隈を歩きましたが、意外と複雑な地形であることがわかりました。別途、坂巡りをしようかと思います。

 

最後は新宿通りを歩いて四ツ谷駅に到着。

 

今回のコース。約4.7kmのまち歩きでした。

 

 

撮影日:2022年6月18日