2021年の撮り納め

今年の撮り納めは近場の京成電鉄へ。

 

f:id:knowledge_kura:20211231191707j:plain

3000形の前照灯LED化が進む中で最後までシールドビームだった3006編成。つい先日、LED化されたようで、そんな姿を撮影できました。

 

f:id:knowledge_kura:20211231191704j:plain

f:id:knowledge_kura:20211231191711j:plain

パンダヘッドマークの3000形たち。それぞれシャオシャオ、レイレイが掲げられております。

 

f:id:knowledge_kura:20211231191714j:plain

北総鉄道在籍時に青砥駅脱線事故を起こし、残った6両で組成され京成電鉄へ戻った3748編成。

この顔つきの3700形は8両編成だけだったので長らく京成線内では主に優等系の種別で運用されてきましたが、この編成に限っては6両化に伴い普通列車が主となりました。

パンタグラフが混在していたり、SR無線のアンテナが未設置だったりと今後も変化しそうな編成です。

 

f:id:knowledge_kura:20211231191700j:plain

一方、こちらはSR無線アンテナが設置された3500形。京成電鉄の中では古参の形式となりますが、しばらくの間は活躍しそう。

 

 

あと数時間で2021年が終わり、2022年が始まります。別館共々来年もよろしくお願いいたします。

 

 

撮影日:2021年12月31日