道灌山通駅

京成本線の日暮里~新三河島の間には道灌山通駅という名の駅がありました。wikiによると終戦間もない1947(昭和22)年に不要不急の駅として廃止されたようです。

 

f:id:knowledge_kura:20211031210104j:plain

国土地理院空中写真より日暮里駅周辺を切り出し
上辺~下辺方向に京成本線、左辺~上辺方向に道灌山通り。下辺から右辺は常磐線で、下辺方向が日暮里となります。

この空中写真は1936(昭和11)年撮影、件の駅は京成本線道灌山通りが交差する地点に存在していたようですが、なんとなく相対式ホームがかすかに見えるような。

 

現在はこんな感じ。不要不急として廃止された道灌山通駅があった至近には日暮里舎人ライナーの西日暮里駅が存在しており、時代の変化を感じさせます。

 

件の駅は廃止から相当期間が経過しており痕跡がないことは折込済み。それでも何か見つけられればと思い、現地へ行ってみましたよ。

f:id:knowledge_kura:20211031210038j:plain

手前の通りが道灌山通り。頭上を京成本線が通っております。左側のビル付近に道灌山通駅の駅舎があったようです。

 

f:id:knowledge_kura:20211031210042j:plain

高架下にはまいばすけっとが店を構えております。プラットホームは相対式だったことから、高架線に腹付け構造だったものと思われます。

 

さて、結論から申し上げると明確な痕跡を見出すことはできませんでした。

ただし、プラットホームが設置されていたと思われる区間において気になるモノを見つけました。

f:id:knowledge_kura:20211031210055j:plain

高架の支柱間の中央部、床版にあたる部分に何やら突起が。

 

f:id:knowledge_kura:20211031210045j:plain

f:id:knowledge_kura:20211031210052j:plain

よく見ると、長ネジ状の物が床版に埋め込まれております。場所によってはナットもありました。

 

f:id:knowledge_kura:20211031210049j:plain

この長ネジは上り線側においては道灌山通りから尾久橋通りにかけて約50mに渡り存在しております。下り線側は公道から見える範囲が限られるものの、同じ範囲に存在しているものと思われます。

 

f:id:knowledge_kura:20211031210059j:plain

なお、近隣区間も見てましたが、長ネジは見当たりませんでした。

 

ちなみにGoogleストリートビューでも長ネジが映っております。

 

長ネジが道灌山通駅の痕跡と断じるには弱いものの、プラットホームの区間のみに存在してる点から鑑みると何らかの関係がありそうな気がします。

 

まぁ、この手の話題は真実が判然としないほうがロマンがあって良いのかも知れませんね。

 

 

撮影日:2021年10月23日