押上駅のホッパー跡

京成押上線と都営浅草線が接続する押上駅バラストを積載するためのホッパーがあったそうな。

 

f:id:knowledge_kura:20210530212033j:plain

駐輪場の広場から見たホッパー跡。一段凹んだ辺りが件の場所。

 

f:id:knowledge_kura:20210530212038j:plain

凹んだ場所に接する駐車場もコンクリートで埋められているように見受けられ、かつてはホッパーがあったと思われます。

 

f:id:knowledge_kura:20210530212042j:plain

更に駐車場の隣は押上駅の空調設備が。これもホッパーを活用して熱配管を通しているのかも。

 

f:id:knowledge_kura:20210530212046j:plain

100系スペーシアの隣は高架工事中。右端の白色の自動車から東武線脇の遊歩道にかけての直下に京成押上線が通っております。

 

f:id:knowledge_kura:20210530212050j:plain

1番線からホッパーへ引き込み線が存在していたようです。引き込み線の開口部を埋めたと思われる段地状の側壁がその名残なのだとか。

よく見ると扉が2つ存在しております。扉の向こう側はおそらく引き込み線の構築へ続いているものと思われます。

 

撮影日:2021年4月4日