200224_秩父鉄道

秩父セメント専用線の後は秩父鉄道へ。

 

留置線には西武鉄道の4000系が2編成留置。

休日に運転される池袋~長瀞・三峰口を結ぶ列車の長瀞方の編成です。

 

構内には信号係が詰めていたであろう小さな小屋。「打合復唱」に傾いたベンチがいい感じ。

ちなみに、小屋の背後に止まっているモーターカーが秩父セメント専用線の線形と思われます。

 

秩父駅から急行列車に乗車。

 

車内は転換クロスシートを見合い式に固定。座席の出自はリニューアル時に取り外された10000系レッドアロー。

 

三峰口駅に到着。

 

到着した急行列車は一旦、奥取りへ引き上げ。

留置中のリバイバルカラーの6000系と並びました。

 

ここにも4000系。こちらは三峰口方の編成。

 

三峰口からは池袋行きに乗車。池袋行きの下に小さく西武線経由と書かれています。

そんな池袋行きは3月のダイヤ改正で飯能までの運行に縮小されました。

 

側面は各停単体。

 

車内はボックスシート

 

西武秩父駅まで戻りました。秩父鉄道線内は普通列車西武線内は急行列車に変わるため、行先表示も変化。側面はやはり急行単体。

 

4000系はここで見送り、池袋までレッドアロー。行きと同じラストランステッカーの貼られた編成でした。

 

池袋に到着。

ギャラリーに囲まれまていました。

 

 

と、いうことで、西武池袋線レッドアローのお名残乗車でした。