200202_京急本線

前回記事の鶯谷駅から流れて京急線の八ツ山橋へ。

 

新1000形1655編成。

ここ数年新造されている新1000形ステンレス車体ながら、全面的に塗装されております。

全面ラッピングや識別帯を工夫することで車両の個性を引き出す事業者がいるなかで、京急は全面塗装を選んだようです。

 

時間の経過とともに、目線を落として撮影すると良いかもと思い始め…

 

遮断竿よりも低い目線で撮影。

言わずもがなですが、踏切の外側から撮影です。旧曲線かつ幅員のある踏切なので、このような構図で撮れました。

 

運がいいと上下線の列車が並ぶことも。新1000形のステンレス製の1097編成とアルミ製1441編成。

 

廃車が進む5300形。2月時点で5300形の半数が新型車両に置き換わりました。

 

全面ラッピングの1607編成と全面塗装の1649編成。

 

651編成。

 

京成3054編成。

 

9808編成。後打ちで撮ると1両編成に見える?