190913_福島の旅 ~その2~

阿武隈急行の次は福島交通へ。

 

美術館図書館前駅で下車。小ぢんまりとした駅舎に可愛らしい駅名標

飲料の自販機が軌道側に面しており、問題ないのだろうかと素人ながら心配になったり。

 

ホームは狭い島式ホーム。有効長ぎりぎりのホームのため、スロープを設ける余裕がなく、階段だけがアクセス手段。

画像左側は、東北本線の線路。

 

ちょっと歩けば東北本線が撮れます。

 

続いて桜水駅で下車。車両基地が併設されています。

 

駅舎。かつて広場だったと思われる駅前は駐車場化。

 

福島交通で唯一残存している7000系

ブレーキディスクは錆びているものの、車輪踏面は光っているので、全く動いていない訳ではなさそう。戸袋部には営業終了のステッカーが貼られ、ドア窓には「貸切」の文字。臨時列車などで動いているのでしょうかね。

 

終点の飯坂温泉駅に到着。

 

飯坂温泉は、数年前にも来たことがあります。

摺上川に迫る旅館群が印象深い十綱橋から撮影。

 

飯坂温泉街をウロウロ…

 

良い感じの階段もありました。

 

飯坂温泉駅から福島方面へ…

 

福島駅一つ手前の曽根田駅で下車。レトロな駅舎を眺め…

 

福島から郡山へ移動。

 

郡山に到着。乗車した矢吹行きは701系E721系が併結した列車でした。

 

翌日は、郡山総合車両センターの公開です。

 

 

続く