20191026_京成本線

10月26日に京成線はダイヤ改正を行いました。

日中時間帯の京成本線のうち、京成上野から青砥の通称上野線区間では、スカイライナーが終日20分間隔で運行され、一般車の優等列車では京成上野発の特急 成田空港行きに加えて快速特急 成田行きが加わり、両者が交互に20分間隔で運行されることとなりました。

 

20分間隔の運行になったスカイライナー。3500万人達成のステッカーが貼られたAE7編成。ちなみに、約1年前には同編成に3000万人達成のステッカーが貼られていました。すなわち、1年で500万人が利用したことに。

 

8連普通列車高砂から快速 佐倉行きに化けます。

 

3000形は、シールドビームからLED前照灯へ移行中。運番表示器も橙色LEDから白色LEDタイプに移行中なので、編成によって微妙な形態差が生じております。

 

110周年ヘッドマーク付きの3788編成。

 

3638編成も撮れました。

 

1本目となる快速特急 成田行きは、110周年ヘッドマーク付きの3418編成でした。

 

3100形の登場で置き換えられそうなのは、過去の状況から3500形、3600形のいずれかとなりそう。

 

2本目の快速特急は、3758編成でした。

 

 

場所を変えて高砂橋へ。

京急の電車たち。

 

青色の3050形。

このカラーは消える運命にあり3100形に合わせたオレンジ色に変更されるとのこと。

 

スカイライナー。

 

アクセス特急に充当された3000形。

本来は、3050形が充当されるはずですが前述のデザイン変更に伴い、代走したのでしょうかね。

 

そしてダイヤ改正と同時にデビューした3100形。

先日の撮影会で前面は撮ったので、今日は横から。

本来は、アクセス特急 成田空港行きでしたが、京急線内のダイヤ乱れの影響により高砂止まりとなった場面。