190714_丸ノ内線

梅雨の時期、毎日のように雨が降っており、撮影には不向きな時候。
でも、電車が撮りたい…ならば地下鉄を撮ればいいじゃないかと思い、丸ノ内線へ。


まずは池袋駅へ。
終端駅なので、進入してくる電車を撮ることができます。



柵越しに立ったりしゃがんだり、いろんな構図が試せます。


7月5日のダイヤ改正で登場した方南町行きも撮れました。
日中時間帯は、20分間隔で方南町行きが運行されます。


そして新型の2000系。


特徴的な顔。



折返しは方南町行きでした。

…と、いうことで副都心線経由で方南町へ先回り。



環七通り側へ延伸されたホーム。
天高が低い部分は環七通りのアンダーパス部。あくまで過走余裕距離分の軌道を新設したようです。
ATCによる過走防護機能があるので、停止位置より先に電車が進むことはあるまい…

ちなみに、方南町駅の構築は6両分で造られたものの、機器室や券売機室が設置されていたために過走余裕距離が確保できず長らく3両編成での運行でした。
改良工事に合せて諸施設を移設し、過走余裕距離を確保、晴れて6両編成の直通が実現したようです。


池袋への直通後も3両編成の運行も残っております。



そして池袋で撮った2000系が到着。
副都心線様々。


方南町行きの02系。


方南町駅のホーム運用は、1番線が中野坂上行き、2番線が池袋行きで使い分けているようです。
なお、2番線は池袋駅のように柵越しに撮影できるものの、1番線は駅事務室があるため、ホームドア越しの撮影に限られます。


遠目に3両編成を撮影。



02系が新製されて四半世紀。
マップ式表示器の方南町に赤いランプが灯るとは…