190525_大阪 〜その7〜


実は、前日の鴻池新田へ行った折、近畿車輛の出場線に日比谷線の13000系が止まっているのを見かけました。
これは甲種輸送があるであろうと考え、鴫野へ。


ヘッドマーク付きの201系が露払いでした。


そしてやって来た甲種輸送列車。大阪から東海道線を延々走り、日曜日に東京へ着くそうな。


33本目の13000系でした。
隣には201系。被ったとも言えますが、201系と13000系が出会ったシーンともいえるかと。


そして201系を求めて桜島線へ。


前日にもチキを連ねた貨物列車を撮りましたが、休日(撮影日は5月25日 土曜日)であっても運行されるようです。


チキは昨日より短い2両。


到着後、直ぐに入換を行っておりました。


当時、森ノ宮に残存する201系3本のうち、未撮影だったユニバーサルワンダーランドラッピングを撮影。
日付は違えど、3本とも同じ場所で撮影することができました。


ユニバーサルワンダーランドの201系。


もう1本はハリポタラッピングの201系が運用されておりました。


平日の201系の運用は、ほとんど桜島線に閉じこもる運用ですが、休日は大阪環状線天王寺まで乗り入れる運用が数本存在しました。


そんな201系に乗って…





最後にオレンジの201系を見たいと考え、森ノ宮の車庫へ。
結果的には、僅かなオレンジしか見れませんでしたが、それでも見れただけ満足なり。


森ノ宮から大阪への移動はユニバーサルワンダーランドの201系。



体質改善工事が行われていない221系。回送列車の225系と同時発車…


この日からおよそ2週間後に大阪環状線桜島線から201系が引退しました。
そして201系最後の活躍の場はおおさか東線大和路線となりました。



旅の最後にN700A


お終い