190501_令和号 〜おまけ〜


東成田駅を出ると目の前に管制塔。
左側は旧管制塔で、開港直前に発生した成田空港管制塔占拠事件がありました。右側が現在の管制塔。
物々しいゲートがただならぬ雰囲気を醸しております。


東成田駅から芝山千代田駅を目指して歩いてみることに。


ほどなく木の根トンネルに到着。真上は航空機の誘導路。



トンネルを抜けると木の根ペンションが。
空港の中に存在する民地の一つ。
民地を回避すべく道路は大きくカーブしております。
ちなみに、芝山鉄道線も木の根ペンション付近で回避する線形となっております。


再びトンネル。
道路の線形とトンネルの側壁の位置関係に注目。


トンネル側から見るとこんな感じ。
ホントは直線的にトンネルを作りたかった感のある構築ですが、その先は民地。やむを得ずこのような状況に。


トンネル内には「新東京国際空港公団」の表記が残っておりました。


トンネルを抜けました。ちなみに、このトンネルも木の根トンネル。
つまり、木の根トンネルは2つ存在していることになります。
本来は直線的な1本のトンネルで計画されていたのかもしれません。


隣には芝山鉄道線



芝山千代田駅に着きました。
ちなみに、東成田駅から芝山千代田駅まで徒歩約30分、歩行者とは誰一人会うことはありませんでした。


高架駅なので、待機中の航空機がよく見えます。
画像右端の赤い看板の隣の建物が管制塔になります。



芝山鉄道線といいつつも、実態は京成と一体的に運行されております。
車両も何の変哲もない京成の3000形。



再び東成田駅へ。


今度は第5ゲートから第1ターミナルへ。
ちなみに、第5ゲートは警備員が常駐しており、利用者を監視しております。


成田空港駅から特急に乗って帰りましたとさ。

お終い