2018 荒川線の日


鉄道のイベント続きな週末。今度は「2018 荒川線の日」に行ってきました。


メインは花100形の引退に伴う展示。


花100形に因んで造花をペタペタ…


花100形の表記類。検査は18年3月(和暦)。前回検査から12年、花100形の改造からおよそ8年で引退となりました。


こちら側の前面は花の装飾はなし。種車7500形の面影がよく分かります。


作業用のウニモグ。鉄車輪付きなので軌道も走行できます。


制輪子捨場。垂らした感じの書体がいい感じ。


車庫内の転線はトラバーサで横移動。


車両に近づけるのが、車庫イベントの醍醐味。


検査中と思われる8805号車。





ところどころ、遊び心のある展示物たち。


7000形、7500形の主電動機と8800形以降の主電動機。大きさがだいぶ違いますな。


毎々おなじみの幕。



布地の正に幕。白山行きの部分は継ぎ足したみたい。


とあらんと花100形。


おまけ

よいこのKYTボードに8001号車と書かれていましたが、そんな車両いないはず…過去画像を漁ったらいました。