川越車両センターまつり



川越車両センターまつりに行ってきました。川越車両センターは、2016年に行ったとき以来となります。



検査庫は安全教室と称した会場がセッティングされていました。両サイドはE233系


左から、車掌体験のE233系、休憩車両には651系1000番代、自洗機体験の209系3100番代。


209系3100番代は、箱根ケ崎行きを表示。


展示車両は川越車両センターに所属する電車とりんかい線がゲスト出演。


209系3500番代とE231系3000番代、E233系7000番代の3並び。


川越線八高線の新しい顔。両者ともに総武線で活躍していた電車。主回路機器を更新、識別帯を変えて川越車両センターへ転属してきました。


川越車両センターに所属する事業用車たち。クモヤ143-11と209系mue train。


70-000形と架線を検測する保守用車。


209系からE233系への系譜。


展示車両たちを横がちに…クモヤの保安装置表記からATCが消えている…埼京線ATCからATACSに切り替わったためでしょうかね。



最後にペットボトルのキャップで作られた103系E233系。キャップの並べ方が一々細かいなと感じた次第。


以上、2018年の川越車両センターまつりでした。