180630 赤電&コデ165撮影会


先週末、伊豆箱根鉄道大雄山駅のイベントに行ってきました。


展示されていたのは、赤電塗装の5501編成とコデ165。


更にホームに定期列車が到着すると3本並びが撮影できるのとの触れ込み。折返し列車ながら、しばし前照灯を点けるファンサービス。


別角度から3本並び。


現役当時の行き先表示板を付けたコデ165。茶色になった姿は初見。



駅を出て踏切から撮った3本並び。昨今の電車は尾灯がLEDなわけですが、コデ165は電球。尾灯のほのかな点き具合がいい感じ。



イベントが終了、留置線から出てきたコデ165。


ブログのトップ画像にも使っているコデ165の床下。吊掛の音といい、古めかしい機器の感じがたまらん。


一旦、本線まで出てエンド交換。


検査庫へ引き上げていきました。


そして赤電も入換。


そして検査庫へ…


検査庫へ入る赤電。右隣にはコデ165の尾灯が見えます。


地方私鉄らしいまったりなイベントでした。