第3回_銀座線線路切替工事


5月3日から5日にかけて銀座線の渋谷駅で線路切替工事が行われました。これに伴い、銀座線は一部区間で運休と折り返し運転が行われました。運転方法は2016年に行われた工事(第1回第2回)と同じでした。

@青山一丁目

逆線運転で青山一丁目駅に進入する回送列車。折返し表参道行きとなります。
なお、逆線運転時に営業運転しないのは、保安装置を開放した状態で走行するため。運転室には運転士と防護要員が添乗しております。特殊な運転を行っているため、運転間隔は12分と銀座線としては少なめな間隔となりました。

@表参道

表参道行きは3日間とも86編成が充当されました。


一方、青山一丁目行きは63編成が充当。63編成は第2回線路切替工事時にも青山一丁目行きの運用に充当されました。

@ヒカリエ



ヒカリエから見た線路切替工事の現場。従来の仮設桁を撤去し、新たに構築した高架に軌道を敷設しました。A線とB線の間が開いているのは将来の渋谷駅ホーム構築のためのスペースでしょうかね。

@上野

溜池山王以北の区間は3分間隔と平時並の本数でした。

@京橋

前回と変わったのは、01系が姿を消し、代わりに特別仕様車溜池山王行きを表示して走っていたことでしょうかね。あとはホームドアの整備が進んで撮りづらくなったなぁと感じた次第。

@溜池山王

重ね重ね特別仕様車溜池山王行き。溜池山王駅では降客後、赤坂見附方に引上げてから折返します。


浅草行きの溜池山王進入時は入換運転となるので前尾灯を点灯した状態で入線。


@案内板各種




運休区間を目隠ししたり、案内板から銀座線を消したりと毎度のことながら手が込んでいるというか何というか…案内板以外にも、駅員や警備員、更には私服のアルバイト(でしょうか?)を大量に動員して案内に努めておりました。