今日の豊田車両センター


4月7日の豊田車両センターの様子です。


車両センターの入口付近から見たクハ201-1。相変わらず転削庫付近に留置中。


32番線は在線なし。


前回は道路形状を変える工事中でしたが、今回は一応、完成した模様。


道路から洗い場を撮るとこんな感じ。


189系はいつもの場所。JNRマークが復活したM51編成がいました。


土が露出している部分がかつての道路部分でした。


電車を眺めることができた通路は閉鎖されました。それにしても、「第三踏切」の名前は一般人には?と思われそうな気がしますが…


その第三踏切へ向かう通路は陸橋の工事現場の外周を回り込むような線形になっています。


工事壁のアクリル部分から覗いた工事現場。昨年度は橋脚の工事が行われました。日野市の資料によると、今年度は旭が丘側に橋台を設置する工事が行われるそうな。架橋は来年度以降の模様。



踏切付近から見た電車たち。189系やそれに代わるE257系が見えます。更にその奥にはE353系が留置されているようです。E353系疎開留置でしょうかね。


中央線を渡って旭が丘を向いて陸橋の工事現場を撮影。奥のブルーシートが橋台の工事現場となります。


最後にクハ201-1を撮ってお終い。