20000系撮影会

相模鉄道の新型車両である20000系の撮影会に行ってきました。


撮影会は相模大塚駅の留置線で実施。古参の7000系もゲスト参加。



ちょうど入場した時間は「そうにゃん」が登場。子供たちに大人気のようです。


20000系のVVVF制御装置。M車1両に1台搭載。これ1つでゲート制御部、パワーユニット、断流器を収めております。最近の制御器は小型化とM車ごとに分散配置が流行りのようです。


反対側の1号車側。


全面のグリルのように見える造作が特徴的。


太陽が出てきたので改めて10号車側へ。日の当たり方で「ヨコハマネイビーブルー」の色合いが絶妙に変化。


ゲスト参加の7000系。20000系甲種輸送時のヘッドマークを付けておりました。


ディスクブレーキが露出した独特な台車。更に直角カルダン駆動式なので、主電動機がレール方向に艤装されている点にも注目。


7000系日立製作所製。そして20000系も日立製作所製。一時期、JR車と共通の東急製や新津製の車両を導入しておりましたが、再び独自設計の車両となりました。