青春18切符の旅2 〜その4〜


木曽福島駅で途中下車。次の電車までまち歩きをすることに。


嬉しい誤算だったのは意外と高低差のある町であったこと。いい感じの階段が出現。



一方で、かつての宿場町であったことから、古い町並みも残されています。


階段や坂、細い路地が多い…



福島宿の北端にあった関所の跡地。その跡地をかすめるように中央西線が通っています。


駅前の土産物店を裏側から見ると高低差があるがゆえに複雑な建築に。


表から見るとこんな感じ。


電車の時間が近づいてきたので、再び駅へ。


やって来た中津川行きの列車は2両編成…18切符のシーズンだから仕方ないのかもしれませんが、結構な混み具合でした。


終点の中津川に到着。


構内には211系や313系が留置中。


中津川からは名古屋口ではお馴染みの211系に乗車。


そして多治見で下車。この乗車を以って未乗だった塩尻〜多治見間を乗車したので中央線全線を継ぎはぎながら完乗したことになりました。


多治見からは太多線に乗車。


美濃太田からは高山本線に乗り換え。随分と前に多治見から美濃太田、岐阜へ乗車したことがあります。その時も18切符を使った旅でした。(記事)しかし、今回は岐阜ではなく、高山方面へ向かいます。


下呂駅でしばしの停車…


すっかり夜になった高山に到着。美濃太田からたっぷり3時間の乗車でした。


この日は高山に宿泊しました。


続く