抵抗制御の電車に乗りたい 〜その2〜


飯能から普通列車に乗って西武秩父に到着。
いやーいい音でした。


停止位置目標がいっぱい。
よく見ると秩父鉄道のATS標識もあります。


レッドアローも抵抗制御。床下にびっしり並んだ抵抗器がたまらん。


コンコースからは異様な形をした武甲山が見えました。


西武秩父駅の駅舎。駅舎の隣に温泉施設が完成し、観光地として力を入れていることが分かります。


秩父鉄道西武秩父線の連絡線。河岸段丘状の地形のため、秩父鉄道西武秩父線には高低差が生じています。


振り返ると秩父鉄道御花畑駅秩父鉄道西武鉄道の踏切動作反応灯が並んでおります。



秩父の街角で見つけた大きなケヤキと小さな社。


適当にウロウロ…まさに気まぐれ。


秩父駅まで歩いてきました。貨物を扱っていたからか、広い構内です。


急行列車の6000系西武鉄道の4000系。4000系は長瀞への直通列車を回送して留置中。そして6000系も4000系も出自は西武101系



貨物を扱っていた経緯から、セメント工場への貨物線の廃線跡が存在します。


続く