今日の豊田車両センター


7月22日の豊田車両センターの様子です。


32番線にはH56編成。


洗い場は2本が在線。



3月時点で触れた陸橋工事。いよいよ本格的な工事が始まりました。工期は平成35年3月31日までとなっております。「お知らせ」下部の案内図を見ると極僅かに豊田車両センターの敷地を収用する事になっております。(留置線に影響があるレベルでは無い)
なお、陸橋の完成と引き換えに豊田車両センター末端の細い路地は踏切含め廃止となります。


かつて市民農園だった場所は工事現場に。


留置されていた電車たち。


189系M52編成が入庫してきました。


M52編成は2車身ほど奥まった位置に留置。


国鉄色189系M51編成は何やら作業中でした。


横並び。


改めて陸橋の工事現場。工事壁(工事範囲)に注目すると豊田車両センターの敷地が食い込んでいるのが分かります。


転削庫にはE233系がいるためにクハ201-1の姿は見えず。ただし、クハ201-1のAU75と角型ベンチレータが僅かに見えました。



あさま色189系N102編成がいました。今晩のムーンライト信州で運用するべく送り込まれたようです。