関西の旅 〜その4〜

京阪電車の次は阪急電車へ。


まずは京都線から撮影…
最初に来たのは新型の1300系。


5300系。前パンタが凛々しいですな。


7300系。更新されてVVVF制御に変わっています。


9300系は特急運用が主。


再び5300系。最初の5300系と比べると行先表示の天地幅が拡大されています。


3300系京都線では最も古い形式みたい。


再び9300系。行先表示が幕タイプの初期車。
それにしても、側面のガラスが大きいですねぇ。


場所を変えて今度は宝塚線へ。


やって来たのは6000系
この編成もまた、行先表示の天地幅を拡大しております。
…と思ったら、天地幅の拡大はこの編成が最初に施工されたようです。


9000系京都線の9300系のそっくりさん。


7000系。見た目が同じな6000系との違いは制御方式。
6000系抵抗制御7000系界磁チョッパ制御。


新型の1000系。


5100系。阪急といえば、こんな顔の電車がよく走っているイメージでしたが、思っていた以上に新型電車が増えており、意外と撮影できるチャンスがなかったり。数年ぶりの阪急電車なので当然といえば当然なのですが。


続く