東北の旅 〜その3〜


会津若松駅から磐越西線に乗ります。

去年の9月にも会津若松に来ました。
ただし、このときはクルマでしたが。


洗浄線には719系フルーティアが清掃中。


E721系もいました。
3月のダイヤ改正からE721系の運用範囲が拡大し、磐越西線にも来るようになったとか。


私が乗る磐越西線の列車もE721系
そして途中ですれ違う列車も全てE721系でした。


磐越西線に乗って郡山に到着。


701系を見ると東北に来たなと実感。
E721系は4連から2連に切り離し作業中。


福島行きの701系
緑帯の仙台色で貫通戸が銀色なのは100番代だけ。


広い構内にはディーゼルカーが留置されていました。


郡山からは磐越東線に乗ります。
キハ110系に乗っていわきへ。
磐越東線は郡山からいわきを結ぶ路線ですが、全線通しで走るのは1日僅か5本。
全線を乗り通す人はあまりいないのでしょうかね。


1時間半ほどでいわきに到着。


常磐線の電車たちがお出迎え。


新製されたばかりのE531系3000番代K555編成。
3000番代は基本的にローカル運用が主のようですが、
私が3000番代を見かけたのはこの時限りでした。


豊田を出たのは早朝の4時半。
浅草〜会津若松〜郡山〜いわき
10時間以上かけていわきまで乗り継いできました。


この日は駅近のホテルで宿泊…


続く