名古屋の電車 〜その1〜

1000系の甲種輸送前に名古屋の電車を乗り潰しました。

@三好ヶ丘

名鉄豊田線に初乗車。
名古屋市営地下鉄と相互乗り入れをしているので地下鉄電車も来ます。


今度は名鉄の電車。
何というか、垢抜けない感じですな。


古いタイプの地下鉄電車が来ました。
東急の8500系のような雰囲気です。


@レトロでんしゃ館

名鉄豊田線と地下鉄鶴舞線が接続する赤池駅で下車、
レトロでんしゃ館なる施設へ。
ここは車両工場の一角に建てられた施設で入場料は何と無料。


中はこんな感じ。
黄色い地下鉄と路面電車が展示されています。


名古屋市で最初に開通した東山線の車両。


客室にも入れます。
室内灯の配置が独特です。


運転席はコンパクト。


前面の灯具を見ると、どこかで見たような…
丸ノ内線の古い電車も似たような灯具が付いています。
見れば見るほど酷似していますな。
灯具製作会社が同じなのでしょうか。


東山線はかつて打子式ATSを使っていたということで、突当コックが台車に付いています。


床下は何と車体色と同じカバーで覆われて機器の様子は見えません。
なかなか珍しい造りですね。


地下鉄ができる前は路面電車が張り巡らされていました。
路面電車で採用された防音車輪などの技術は地下鉄にも継承されました。


連接タイプの路面電車もいました。
通勤輸送に威力を発揮したそうですが、ワンマン化によって廃車されました。



続く