豊田への道 〜その2〜


引き続き国道152号を進みます。


地蔵峠への山道の途中、再び中央構造線の露頭があるとのことで寄り道。


青木川の河原に露頭があります。
画像の中央付近の黒と赤茶色の境界が中央構造線みたい。
左端の黒い帯状は遥か昔に生成された角礫帯とのこと。


更に山道を上ると地蔵峠に到着。
頂上にはお地蔵さんが立っています。
国道152号は地蔵峠で途切れますが、代替路として林道が接続しています。
今まで走ってきた国道152号も林道レベルだったので特に大きな変化はなく地蔵峠を下ります。


林道を抜けると再び国道152号に合流します。
青看板の大鹿方向は下ってきた地蔵峠への林道を指しています。
脇へ逸れるのが途切れている国道152号。
ちょっとクルマで通るには…な幅です。



もう一つ国道152号に合流する道があります。
国道474号こと三遠南信自動車道という自専道。

三遠南信道は所々で開通している道路です。
国道152号が通る上村にある程野ICと飯田市側の喬木ICの僅か1区間を矢筈トンネルを介して結びます。


高速道路然とした矢筈トンネルが口を開けています。
ここで寄り道。このトンネルを通り抜けます。


トンネルを抜けると終点の喬木IC。
一般道から見るとこんな感じ。
山あいの立体的なICが印象的です。


本線の高架橋は斜面を目前に途切れています。
20年前に開通してから今も変わらず。


交通量があまりにも少ないので…
クルマから見た景色は高速道路のような景色です。



再び矢筈トンネルを抜けて国道152号へ。
国道と並行するように三遠南信道の橋脚が立ち並んでいました。
しかし、ここに道路が通る可能性は…


続く