1000系 1134編成甲種輸送 〜その2〜

前日に引き続き、1000系の甲種輸送を撮影しました。


京急花月園前駅から甲種輸送列車。
横浜羽沢を発車して新鶴見へ向かう場面です。
前日はEF65 2097でしたが、今日はEF65 2092に変わりました。

機関車が変わるのは分かっていましたが、てっきり新鶴見で機回しの手間を省くためかと思っていました。
が、どうやらそういう訳ではなさそうですね。


新鶴見で折返し、高島線を進みます。
折り返したので、1000系は保護マスク側が後部になります。


高島駅に停車中…
駅といっても、ホームはなく側線が広がるだけの信号所のような雰囲気。



横浜本牧へ移動。
神奈川臨海鉄道の機関車に牽引されてきた1000系。


改めて屋根を観察。
グレーの四角がアンテナで3つあることがわかります。
アンテナからは配線が出て転線箱へ続いています。


豊川から延々走り横浜本牧に到着。


ここで機回し、1000系を引っ張り出します。


そしてクレーン車が待つ側線へ押し込みます。



いつもの作業場所に到着。
早速、1134号車が解結されています。


トレーラ積載に向けた作業が進められました。
この日は雨だし、何度か見た光景だしということでトレーラ積載を待たずに撤収しました。