九州の旅 〜その2〜

上熊本駅には電鉄とJRが接続していますが、路面電車も乗り入れています。


熊本市交通局が運行する路面電車
大きな一つ目の前照灯が印象的ですね。


市電に乗って着いたのは熊本城。


石垣の造りの違い。
増築によって石の積み方が違うのが分かります。


春らしく、梅が咲いていました。
しかし、この日は寒かった。


天守まで来ました。
堂々たる姿ですねぇ。


天守入口側は一部改修中でした。


天守から見た大天守
中はコンクリート造りでした。


天守から見た熊本市街地。
城が好きというわけではないのですが、
天守から見る景色は好きだったり。



城から歩いて電鉄の藤崎宮前駅を探します。
で、駅ビルの建物を見つけましたが、特に看板の類は見当たらない。
駅ビルは一部空室になっているようでなんとも寂しい雰囲気。


駅ビルの端に控えめな看板を発見。


かつて2線分あったホームは1線に。
藤崎宮前駅からくまモンの電車に乗車して再び01形を撮ります。


北熊本から01形に乗換え、池田で下車。
丘の上から01形を撮ります。


パンタが増設された屋根上。
空調を避ける為にパンタは車体中心寄りに増設。


池田駅に進入する01形。


池田駅のホームは01形2両ギリギリの長さ。
わざわざ01系を貰ったのは小さい車体(16m級)が欲しかったのだと想像できます。


トンネルから01形が到着。


ウロウロしているうちに日が暮れ、JRの熊本駅へ。


珍しい「0A番線」と「0B番線」がありました。
0番線自体が珍しくなりつつある中で更にAとBが付くとは…


恐らく高架工事で変わった番線が付いたのでしょうかね。


高架ホームへ。
切り欠きホームにはキハ40系が停車中。
初めて見たJR九州の電車は815系でした。


続く