国分寺崖線を歩く 〜その4〜

その3からの続きです。


武蔵野線と並行する府中街道
遠くの方ですが、上り坂になっています。
これが国分寺崖線


画像の奥を国分寺崖線が通っています。
住宅が折り重なるように見えます。


地名の由来になった国分寺の跡。
柱を支えていた基礎の石がポツポツと残っています。


崖下といえば、湧水。
武蔵野台地を浸透した水が崖下から湧きます。


泉町付近で東進していた国分寺崖線がΩ形の線形に。
前回も出た多喜窪通りから見た国分寺崖線
いずれも同地点で撮ったものですが、坂道があるのがわかります。


辿ると再び中央線に出ました。(電車は西武線ですが…)
線路の向こうにも続いているのですが、向こうへ渡れないし、Ω形の実質奥地なのでここで戻ることに。


野川の源流がココにある為にΩ形の線形になっていました。
源流は日立製作所の敷地内にあるので見ることができません。
初めて人目につくのがこの中央線の築堤から出てる地点です。
細い水路のような川ですが、水量は十分。


好物の階段もあります。
ココは左右で微妙に段ちが違う。


国分寺街道にでました。
緩やかですが、坂道が奥へ続いているのが分かります。
右端には結構な勾配の坂道も見えます。


高低差が大きくなってきました。


東京経済大学の敷地内(公開空地)には湧水があります。


貫井神社にも国分寺崖線由来の湧水があります。
これらの湧水は野川へ注がれています。


国分寺崖線新小金井街道が交わる地点。
ここには貫井トンネルがあります。


一方、小金井街道は前原坂で国分寺崖線を上ります。


続く



赤い線が国分寺崖線で、この記事の歩いた範囲を示します。