E235系営業開始

山手線の新型であるE235系が営業開始しました。
この日は運良く仕事の終わりと営業開始の時間がマッチしたので大崎駅へ。
初営業列車に乗りました。



新型とあって注目度は抜群。
長い順番待ちからようやくE235系の前面が撮れました。
特に装飾の類は無し。


行先表示には黄緑の地色が追加されてオサレな感じ。


新製時は中吊りが廃されたことがニュースになっていましたが、
営業前に中吊り広告が追加されたようです。
肩部は液晶の広告が流れていました。
全体的には広告の数が減ったのでさっぱりした感じがしました。


駅名表示器もオサレな表示に。


ホームドア設置によって識別帯は縦帯に。
分かりづらいですが、後ろのクハには花のイラストを流していました。

E235系E231系と比べて走行音が静かになって快適に。
しかし、初日で緊張していたのか、TASCの精度はイマイチな感じがしました。
当面は1編成だけの存在とのことなので、暫くはデータ取りをして量産車に反映するのかも知れません。