都営新宿線を撮る


地元で撮ったのは新車だったので、チョッパ車を求めて笹塚へ。


10-000形の最終バージョン。


8両編成の10-300形
8両編成の数では10-000形10-300形もほぼ同数。


10-300形同士の並び。
右の区間急行は前回記事で撮った高尾山口から若葉台へ回送した電車。
若葉台から区間急行として戻ってきました。


凸凹の10-300R形
検査期限の兼ね合いなのか、この形式の廃車が2本発生しています。
先頭車は新しくて中間車は古い…なんとも珍妙な電車です。


この日は10-000形をよく見ることができました。


笹塚駅の奥取りの分岐器は他にはない形です。
奥取りの有効長を8両から10両に伸ばすために分岐器を移設した結果、こんな形になったそうな。