三重の私鉄 〜その1〜

1000系の甲種と一緒に三重県の私鉄を巡りました。
7月1日に前乗りで三重県入りしました。

道中はザーザー降りの雨。
四日市に近づいた頃には雨は止みました。


この日、私は初めてナローゲージの路線に乗りました。
四日市あすなろう鉄道という鉄道会社。
2015年4月に近鉄から運営を引き継いだばかり。


日永駅で途中下車。
八王子線から来た電車が発車していきました。


駅舎はありますが、今は無人駅。


日永駅の構内。
真っ直ぐは内部(うつべ)線。右方向は八王子線

それにしても、レールの幅が狭いですね。
軌間は762mm。標準軌の半分…は大げさですが、実際に見るとかなり狭く感じます。


今度も八王子線と内部線がすれ違い。
両路線とも早朝深夜以外は30分間隔が基本。
本数は少なめですが、内部線と八王子線の接続が考慮されています。



内部線の終点内部駅へ。
駅を出ると脇に電車がいました。


国道1号線の脇で途切れたレール。
線路が少し伸びているのは、かつて延伸計画があったから。


電車を見ると何とも凸凹な感じが。
紫色の車両は旧型車を種車に更新したようで
ウィンドウシル・ヘッダーが残っています。


その紫色の車内はロングシート
なにより狭い。膝を突き合わせる感じですね。


オレンジ色の車両は新製車両。
車内はバスのような座席が並んでいます。
新製車、更新車いずれも冷房なんて気の利いたモノは無し。
ラインデリア、扇風機で空気を循環します。



内部駅から日永駅で乗り換えて八王子線の終点である西日野駅へ。
八王子に日野…なんとも馴染み深い固有名詞が並んでいますな。
八王子線は1個列車しか運行できない路線なので、同じ車両が行ったり来たり。


駅前には自転車がびっしり。
利用者は学生とクルマを使わない人がメインでしょうか。



あすなろう四日市へ戻りました。
この日は四日市あすなろう鉄道に乗ってお終い。


続く