千早フラワー公園

板橋交通公園に続いて千早フラワー公園にも寄りました。


公園の一角に大江戸線の基になった車両が置いてあります。


12-000形と名乗る車両。12-001号車と12-002号車の2両が展示。


手を伸ばすと小さいパンタが見えました。


昭和61年 東急車輌製造製。
だらしなく伸びたジャンパ線がなんとも…


床下を覗くと薄いリニアモータが見えました。
左端にはブレーキディスクが見えます。


2両で2態の台車。
ボルスタアンカの留め方が大きく違いますねぇ。


12-001号車には電磁吸着ブレーキが装備されていました。
レールに押し付けて制動力を得るのですが、
これは補助的な役割だったと思われます。


「地下鉄12号線」の路線図。
駅名が建設時の仮称だったのか、今とは違う駅名がちらほら。
他にも時代を感じさせる名称が。