四国の旅 〜その8〜

その7からの続きです。


徳島から「うずしお」にのって高松へ。
うずしおは高速バスに対抗して高速型のN2000系で運行されています。


あっという間に高松に着いちゃいました。
いろんな車両が勢揃い。


マリンライナーには瀬戸内海国立公園20周年記念の
ヘッドマークが取付けられていました。


今風の高松駅舎。ガラス部分には顔が。



意外と早く高松に来ちゃったので沿線で撮り鉄
ワンマン対応の121系。
これは高松運転所へ入庫。


何ともな組成の1500形と1200形。


ノーマルな121系。
JR四国では入出庫の車両は前照灯(昼間だけ)を点灯しないようです。


マリンライナー


N2000系の入出庫車。


JR最短の2両編成の特急列車。
見て呉れはカッコいいのに短いと箔がないですねぇ。


入庫する7000系


211系みたいな見て呉れの6000系


マリンライナー


短い特急。


最後はアンパンマンの「いしづち」でお終い。

普通列車マリンライナー、特急に加えて入出庫の車両が通るので
飽きずにずっと居着いちゃいました。


続く