四国の旅 〜その5〜


その4からの続きです。
後免町から高知市内へ戻ってきました。
今度は高知城へ行ってみることに。


お堀には優雅に泳ぐカメ。


ここにもカメ。
…よく見たら甲羅に模様が無いからスッポンっぽい。


超常には天守が見えます。
日中の一番暑い中を延々登るのはなかなかキツイ。


ようやく天守に着きました。
この天守は江戸時代に建てられたもの。
江戸時代の建物が今も残っているとは凄い。


天守からの眺め。
吹き抜ける風が心地よかったです。

しばし休憩…



高知城を後にします。


再び市街地へ。
路面電車高知城


今度は東西軸のもう片方である「いの」方面へ。



終点の伊野電停に到着。


電停には一応、2本の線路が並んでいます。
ただし、現状は1本しか使っていないようです。

そして左手へ伸びる分断された線路が。


辿って行くとかつて車庫があったと思われる平場が。
末端の電柱は4本並んでいることから、4線分の留置線があったようです。


再び伊野へ戻って怪しい末端部を撮影。
ここも車両は乗り入れていないようで溝は砂利で埋まっていました。


「いの」と書かれた路面電車が到着。
路面電車といえど、この辺りは20分間隔になります。


到着後、すぐに「いの」は外されて…


こんな風に収納されます。


続く