京急ファミリー鉄道フェスタ 〜その1〜


少々前の話ですが、5月25日に京急ファミリー鉄道フェスタが開催されました。
そもそも、あまり京急に乗らない私にとってこの手のイベントは初めて。


保存車と台車。


車両展示に来ましたが、物凄い混みっぷりでした。


大人気なのは黄色に塗られた1000形でした。
車体は黄色、ドアは銀色なので西武っぽい風貌ですが、救援車をモチーフにしたとのこと。


京急といえば赤色ですが、赤一色の1500形も展示されていました。
これは10年に1度の川崎大師の大開帳奉修を記念したもの。
こちらは塗りではなく、白帯を赤色のラッピングで目貼りして赤一色にさました。

左端の2000形は登場の塗装です。


黄色い電車のモチーフになったデト15。
いかにも事業用車っぽい見てくれが実に良い。


大盛況の車両展示でした。


続く