群馬日帰りの旅 〜その3〜


その2からの続きです。
今回は川原湯温泉の集落の様子でも…


水没区間の代替線路。
トンネルとトンネルの明かり区間に新川原湯温泉駅が建設中。
新駅周辺は水没する集落の代替地として造成中。


建設中の新駅。
新線は既にレールが敷設済み。
あとは信通関係、架線などの整備だけ。


四角い断面のトンネル。
新線は切換地点から一気に高度を上げ、
山をトンネルで一気に通り抜ける。



今も残る集落。
周辺は民家が解体されて基礎だけが残る。


造成中の代替地。
工事の槌音が至る所で響く。


川原湯温泉駅の近くまで戻ってきました。
橋脚には青やオレンジの目安線が引かれています。
これは水位がここまで上がることを示しています。

ダムが出来るとこの辺りの景色は大きく変わりそうです。
当然、こんな風に見上げるような画は撮れなくなります。


続く



群馬日帰りの旅 〜その1〜 旅の始まり
群馬日帰りの旅 〜その2〜 紅葉と吾妻線
群馬日帰りの旅 〜その3〜 川原湯温泉の風景
群馬日帰りの旅 〜その4〜 樽沢隧道
群馬日帰りの旅 〜その5〜 旅の終わり