豊田車両センターまつり


昨年に続き今年も豊田車両センターまつりが11月9日に行われました。


スーパーこまちE233系の組み合わせが豊田の地で実現。


修理場にいたクハE233-18。
前面ガラスにはなぜか編番表記なし。
このクハが台抜き実演に使用されました。


台抜きされたクハ。


同じく修理場にいた115系M7編成。
ワイン号のヘッドマーク付き。


広々とした修理場。


ピットに移動。


今年も左の115系で空ノッチ実演が行われました。
更に、豊田車両センターには非公認キャラクターが存在していることが判明。


115系の主制御器。
滅多に見られない制御装置の中身です。
カムモーターが回転するとカム軸が回転、カム板の組み合わせで接触指(子)がパチパチと動作。
実に興味深いです。


普段は柵越しから見る洗い場。
今日だけは間近で見られます。
真ん中はちょうどE233系が入換中。


去年はピット内で空ノッチ実演で使用された訓練車。
今年は車両展示の一員に。


快速 富士河口湖号のヘッドマークを取付けたM40編成。


長野から疎開留置中の211系も一緒に展示されました。
ホリデー快速ヘッドマークを取付け、前面種別も快速を表示。


展示車両たち。
新たに豊田車両センターに加わった国鉄色189系も展示されました。


今年は保線車両であるマルタイが展示されました。


日野市内の子供が描いた絵が展示されたE233系


間近で見られない立入禁止柵。
103系のスカートを逆さまにして自立させた一品。


公開日でなければ撮れないようなアングルで撮影…


会場から遠く離れた一角にいたクハ201-1。


去年に続いて今年も行われた豊田車両センターまつり。
日野市の後援で行われ、地域密着系のイベントとしてこれからも開催されるといいなぁ。