新京成線を撮る 〜その1〜


新京成線を撮ろう。ふとした思いつきで京成津田沼まで来ました。
東京の西側に住んでいると、新京成線はなかなか乗らないものです。

新京成線京成津田沼と松戸を結ぶ路線。
鉄道連隊の演習線を転用して開業という変わった歴史を持つ路線です。
なお、新京成線新京成電鉄が運営するので京成電鉄とは別会社。
(新京成電鉄京成グループに含まれます。)


新京成の新車であるN800形
奥にはN800形のベースとなった京成3000形が停車中。

まずは、前原〜薬園台間で撮影。


8000形
「くぬぎ山の狸」の愛称があります。
確かに、そんな風に見えますねぇ。


8800形
実は1500Vの電車では初めてVVVF制御を採用した車両。
当時としてはかなり意欲的な電車だったはず。


8900形
新京成電鉄で初めてのステンレス車体


N800形
自社設計から京成3000形と共通設計に。

8800形以降の電車はVVVF制御。
8000形は当初、抵抗制御又は界磁チョッパ制御でしたが、現在はVVVF制御に載換え済み。
ということは、新京成電鉄は全てVVVF制御の電車で統一されていることになります。
新京成恐ろしい子


初富で下車、ひと駅分歩きつつ、くぬぎ山にある車庫を見に行くことに。


初富駅を発車した8800形。
最初の画像の8800形とは帯色が異なります。


そして、くぬぎ山車両基地へ。
8800形が並んでる!


端っこには8900形が2両。
床下機器が塗装されたばかり。
工場で検査入場中でしょうか。


8800形の台車。
軸箱支持には緩衝ゴムを使用。
台車枠に取り付けられた配管が気になる…


車庫で留置される電車たち。


こちらは改造中の8800形。
8800形は元々は8両編成。
8両編成から6両編成に短縮する改造を行っているようです。
更に、抜き出した中間車2両は勿体無いから先頭改造して6両編成を別途拵える改造も並行して行っています。
ちなみに、8800形の4の倍数の編成が先頭改造した車両になります。

なので、

この8800形は先頭改造車になります。
他の8800形との違いはぱっと見ではわかりません。


続く