新潟の旅 〜その6〜

その5からの続きです。
3日目は色々と用事をこなしつつ合間に撮り鉄

まずは信越線の萩川〜さつき野へ。


115系S編成+L編成。


電車だけでなく気動車も来ます。


快速くびき野。


115系N編成+L編成。
新潟の普通列車では最長の7両編成?


次は越後線の関屋〜青山へ。
関屋分水路に架かる鉄橋で撮影。


吉田へ向かう列車は115系最短の2両編成。


新潟へ向かう列車は6両編成。


後続の吉田行きは5両編成。
列車によって組成が異なるので、なかなか興味深いです。


この日撮れた唯一のE127系
長大な鉄橋に短い2両編成、抜けるような青空。


最後は米山へ。
初日に快速くびき野に乗った際日本海沿いに走行する区間が印象深かったので、改めて行ってみようと思った次第。


米山にある聖ヶ鼻に眺めのいい広場があります。
遠くには柏崎刈羽原発が見えます。


足元を見れば半分埋もれたトンネル。
これは信越線が複線化と電化時に放棄された旧線。


振り返ると米山町が一望できます。
ここに来るきっかけになった快速くびき野が通過。


目線が高いのでジオラマっぽく撮影。
カメラの機能は凄いですねぇ。


間もなく日が暮れます…


米山駅に滑りこむ普通列車
なぜか寂しさを感じてしまいました。


長岡へ向けて走る普通列車

とっぷり日が暮れたのでここでお終い。


続く


新潟の旅 〜その1〜 長岡から直江津乗り鉄
新潟の旅 〜その2〜 直江津から長岡へ乗り鉄
新潟の旅 〜その3〜 村上へ
新潟の旅 〜その4〜 村上の町並み
新潟の旅 〜その5〜 新潟都市圏乗り鉄
新潟の旅 〜その6〜 撮り鉄
新潟の旅 〜その7〜 富山