東京都港湾局専用線跡 〜その1〜

豊洲や晴海にはかつて、東京都が運営した専用線が存在しました。
その専用線の痕跡を探りに越中島貨物駅へ。


越中島貨物駅の末端。
右は京葉線


貨物駅の機回し線の車止めの更に先に空地が続いています。
これが専用線の跡地です。


専用線の跡地。
鉄道施設らしい鉄柵が見えます。


三ツ目通りから越中島貨物駅方を向いて撮影。
雑草の間からレールが見えます。


三ツ目通りから豊洲方を向いて撮影。
こちらはレールは見当たらず。


専用線の敷地の一部は消防署の出張所になっていました。


その出張所の向かいは緑生い茂る専用線跡地。


その緑の隙間から覗くとここにもレールが残されていました。


平久運河に掛かる部分。
橋梁は撤去されていますが、線路のあった部分だけ堤防の形が変わっています。


堤防の形が変わっている部分を拡大。
なんとなく橋台があるように見えますが、
遊歩道部は立ち入りができないので遠くから見るしかできないです。
また、片一方はマンションの敷地に飲み込まれています。


駐車場として利用される専用線跡地。


豊洲運河には橋脚が2基残されていました。
中心部の径間が広いのは船舶の航行の妨げにならないようにするためでしょうか。

この運河を渡ると大きく変貌した豊洲へ。
線路跡は完全に消失します。


続く