長野の旅 〜その8〜


その7からの続きです。
1年ぶりに須坂駅に来ました。
前回は3月末の屋代線廃止の時です。


屋代線廃止の直前に赤帯を剥がした3600系O6編成。


車内には提灯が見えます。
O6編成はイベント用で使用されているのでしょうか。


O6編成の隣には車号が剥がされた3600系
こちらは廃車されたと思われます。


車号は分かりませんが前面ガラスにはN5の文字が。


SIVにも何やら表記が。
これは、N7取外、N5取付の意です。
こんな場所で検査記号を目にしようとは…
何処の鉄道でも共通なのですねぇ。


かつて、O6編成やN5編成がいた場所には10系は別の場所へ…


ホームには屋代線があった時の痕跡が所々残っていました。


ホーム端から屋代線を望む…
そっぽ向いた信号機、雑草で覆われた線路が物悲しい。


駅を出て直近の踏切より須坂駅を撮影。
レールはまだ残されています。


振り返って屋代方はレールが剥がされていました。
撤去されたレールやマクラギが見えます。


次回は屋代線跡を巡ります。


続く

長野の旅 〜その1〜 上高地
長野の旅 〜その2〜 上高地
長野の旅 〜その3〜 上高地
長野の旅 〜その4〜 松本へ
長野の旅 〜その5〜 上高地線
長野の旅 〜その6〜 姨捨
長野の旅 〜その7〜 村山橋長野電鉄
長野の旅 〜その8〜 須坂駅
長野の旅 〜その9〜 屋代線