長野の旅 〜その5〜

その4からの続きです。
旅行2日目(5月20日)です。


前日乗った上高地線を今度は撮影。


この区間の架線柱は新しそうなタイプでした。
少しずつ設備の更新をしているようです。


もう一本撮ったら移動します。



新村駅に来ました。
手前は旧駅舎。奥に新駅舎があります。

旧駅舎は築90年の建屋です。
残してあるということは保存するのでしょうか。


新村駅は車庫のある駅です。
編成数が少ないので車庫も小規模。
軽トラ改造の保守用車も結構な年代物のように見受けられます。


保存されている元東急の5000系。
奥は元京王の3000系。
3000系はオリジナルキャラクターの「渕東(えんどう) なぎさ」がラッピングされた「なぎさトレイン」です。


5000系は定期的に公開しているようで、ドアに桟橋が掛けられていました。


車庫の片隅には貨車っぽい物置がありました。



新村駅から次は篠ノ井線廃線を見に行きました。
一部区間は遊歩道として開放されているので歩いてみました。


遊歩道というものの、実際は廃線色が濃かったです。
これについては追々別記事にすることにしましょう。


続く

長野の旅 〜その1〜 上高地
長野の旅 〜その2〜 上高地
長野の旅 〜その3〜 上高地
長野の旅 〜その4〜 松本へ
長野の旅 〜その5〜 上高地線
長野の旅 〜その6〜 姨捨
長野の旅 〜その7〜 村山橋長野電鉄
長野の旅 〜その8〜 須坂駅
長野の旅 〜その9〜 屋代線