今日の豊田車両センター


5月13日の豊田車両センターの様子です。
職場の人から
電車区の記事はいつも変わり映えしないじゃん」
と、詰られますがヘコタレずに記事にします。


離れた場所にE233系


遅い時間に来たので洗い場は業務終了。
ピット寄りの洗浄線はピット建屋の改修工事で入線禁止のようです。
車止めの近くには搬送トロ、遠くには列車見張り員がいるのが分かります。


115系訓練車はいつもの場所。
その2つ隣には183系がいました。


183系は大宮のOM101編成でした。


E233系の隣には見慣れない電車。
田町から大宮へ転属したの185系B4編成です。
13日に回送されて来ました。


豊田車両センター185系が来たのは初?かも知れないです。
この185系は何しに来たのでしょう?
一時的な疎開留置ですかね。


豊田車両センターと中央線に挟まれた土地は長らく農地や荒地だったのですが、
最近になって整地されたようです。
区画整理事業の絡みでしょうか。
いつぞやも書いたのですが、豊田車両センターの末端は旭が丘から東平山へ抜ける道路予定地になっています。


整地されたおかげ?で末端の並びを植物野郎に阻まれること無く撮れるようになりました。
ここに写る電車は全て国鉄型となる奇跡的な並びです。
(E233系がたまたま隠れているだけ)


前面、側面共に白幕になったクハ201-1。


ここ最近、185系の動きが慌ただしくなってきました。
今後の動きに注目です。