まち歩き 〜高架下を征く〜


今日は明番。天気も良いしまち歩きにはうってつけ。
今までは適当な駅で下車して適当に歩いていましたが、
今回のまち歩きは趣向を変えて高架下を延々歩いてみました。

始まりは上野駅。此処から山手線の高架下を辿ります。


ガード下にあるソバ屋の看板。
蕎麦を持った箸が上下に動く。
職場の物知り曰く、かっぱ橋道具街にこういう看板を作る業者があったそうな。


アメ横へ…
まだ店は開店し始めたばかりなので人通りは少なめ。


この時期は下谷神社で大祭が催されており、法被を着た人たちが目立ちました。

そしてこの近くには朝から営業している飲み屋があり、
既に出来上がったおっさんが多数存在。



アメ横というと威勢のいい魚屋を思い浮かべます。
実際は淡々と営業していました。まだ人出が少ないからでしょうかね。


この界隈は高架の真下にも通路があり意外と複雑。
何処に何の店があるのか把握するのは困難。


あっという間に御徒町駅に到着。
まだ歩き足りないので更に歩くことに。


アメ横の賑わいが一転、人通りの少ない倉庫街に。


御徒町駅秋葉原駅の中間に「2k540」なる施設がありました。
残念ながら営業時間前だったので外から見るだけ。
丸い柱が神殿のような雰囲気です。

2k540の詳細は(→こちらへ)


怪しい橋台。秋葉原に貨物駅があった名残です。


蔵前橋通りを抜けると景色は一変。
再開発によりできた巨大なビルが建ち並びます。


道路を通行止めにして神輿が練り歩いていました。
この界隈だと神田祭になります。


秋葉原駅に到着。
新しいビルに古風な神輿がなんともミスマッチ。

もう少しだけ歩きます。


街角の至る所に掲げられた提灯。


高架下は倉庫が続きます。
画像右端の「たばこのむな」これは一体…?


複雑に絡む電線。


重厚な鉄橋。


靖国通りのガード下にはこんな銘板が。
この下に都営新宿線が通っているようです。


ガード下に交差点。


ここにも神輿が。


神田駅に到着。
ここでひとまず終了。
次回は神田駅から先の高架下を辿りたいと思います。