春の旅 〜その2〜


その1からの続きです。
1日目は鹿島鉄道廃線を巡りました。
内容は改めて「鹿島鉄道廃線を巡る」みたいなタイトルで記事にしたいと思います。
画像は鉾田駅跡。ホームは東日本大震災で崩れたらしいです。


2日目(3月15日)

ホテルをチェックアウトして朝っぱらから撮り鉄


415系1500番代の8連。


3月15日で最後の651系
翌日からE657系で統一されます。


上野口からローカル輸送に回ったE501系。


撮影した場所は鮎川駅前踏切。
はて?周囲に駅はないけど…


画像の空地に日立電鉄鮎川駅があったようです。
日立電鉄廃線も巡りたいが…ここはグッと我慢。



職場の人から道の駅へ行くといいとのアドバイスを受け「道の駅 よつくら港」へ。


ここは津波で被災した道の駅。
建物を造り替えて営業再開しました。
柱には応援や思いが描かれたタイルが貼り付けられていました。
一つ一つ見入っちゃいました…

ここで早めの昼飯ということで海鮮丼(職場の人に勧められた)を食べました。
美味しそうな写真が撮れなかったので画像は割愛。
海鮮丼はそれはもう、美味しかったですよ。



津波から立ち上がった道の駅がある一方、港の一角には未だに流された船、車が。
特に車の姿には津波の威力を感じました。


続く


春の旅 〜その1〜 関東鉄道
春の旅 〜その2〜 常磐線・道の駅 よつくら港
春の旅 〜その3〜 警戒区域近辺の現状
春の旅 〜その4〜 原ノ町駅から相馬駅間の常磐線
春の旅 〜その5〜 新地駅
春の旅 〜その6〜 新地駅近辺の現状
春の旅 〜その7〜 205系600番代デビュー
春の旅 〜その8〜 足尾銅山