今日の豊田車両センター


1月31日の豊田車両センターの様子です。


普段は車両のいない検査庫E233系が押し込められていました。
車号はモハE233-51が確認できました。


洗い場は3本が在線。


115系訓練車は211系の隣が定位置になったようで画像の場所には姿を見せなくなりました。


留置中のE233系


211系とE233系


E233系の先頭車だけが留置されていました。
これは30日に中央線で足場が崩れて車両に接触し損傷した当該編成のようです。
よく見れば、前面ガラスが汚れてたり塗装が一部剥げたりしてます。

検査庫に押し込められてい車両も当該になります。
パンタを載せ替えなどの修理が行われていたようです。

H51編成は6連方が修理中で組成がバラされた状態。
4連方は構内入換していたので特に問題ない(修理が終わった?)ようでした。

30日は泊まりの仕事だったのでこの一件には巻き込まれませんでしたが、
職場でこのニュースを見た時には驚きました。



115系M40編成。
訓練車共々この編成の処遇が気になるところ。


末端の横並び。


武蔵小金井行きのクハ201-1。
処遇というとこのクハ201はどうなるのやら…