奥多摩湖ロープウェイ


先日の記事で触れたロープウェイ。


駐車場に経つロープウェイの鉄塔。


ロープウェイの駅へ向かう階段。


駅に近づくと搬器が見えてきました。


駅前の広場から見た奥多摩湖
分かりづらいですが、対岸にも鉄塔があります。


この駅は三頭山口といいます。


改札を通りぬけ…


未だに奥多摩湖ロープウェイの銘板が残っています。


ホームへ…


この搬器は「みとう」号というそうな。
破損した標識灯が物悲しい…


植物に蝕まれた搬器。
これもまた物悲しい。


機器室の入り口。
向こう側には巨大な巻上げ機構が見えますが、
臆病者の私は中へ入らず。


三頭山口駅名標。
対岸の駅は川野駅です。
この三頭山口のローマ字表記は「MITOSAGUTHI」とかなり怪しい表記。
しかも偏った位置に書かれてるし。



おまけ

実は2006年の初夏に対岸の川野駅に行ったことがあります。


運転室から見た川野駅ホーム。


相方の「くもとり」号。


川野駅名票。
気になるのは隣の駅が「みとうやま」であること。
駅名が一致しませんねぇ。


開業後、僅か数年で廃止され、今までずっと放棄されてきたロープウェイ。
未だに残されているのは所有者が行方不明だからと云われています。