田浦の廃線 〜その1〜

鎌倉へ行く際、ついでに行ってみたかった場所がありました。
それは横須賀線田浦駅から分岐する貨物線。
貨物線の使命は既に終え、廃線になっています。
果たしてどんな風に遺構が残されているのでしょうか…

探索日:2012年12月8日



横須賀線に乗って田浦駅で下車。
この駅はホームの長さが少々短く、1両ほどドアを閉めた状態で客扱いします。
残念ながら、行きも帰りも4両編成の電車だったのでドアを閉めた景色は見ることが出来ませんでした。


3つ並んだトンネル。
横須賀線は明治に開通した路線なのでレンガ積みのトンネルです。
その隣、一際大きい複線断面のトンネルが田浦港の貨物線です。


横須賀線と貨物線の線路は絶たれた状態。


田浦駅跨線橋から見た貨物線。


駅から市道を歩いて貨物線と市道が交差する場所へ。
田浦駅から市道までの区間は接近するのが困難なので巡っていません。


荒地に見えるレールと「米国政府使用施設」なる物騒な看板。
実際は画像の通り、とても使われているような施設ではない。


踏切の名残である虎柄の柵。


田浦駅方向を向いた画。
線路は真ん中のボックスを挟んで2本あります。


ここは道路のみならず線路とも交差します。
今時珍しい、直交している線路です。
こはちょっと複雑な線形をしています。
線形は下の地図を参照。





長浦港へ伸びる線路。
道路を挟んだ草地に貨物線があります。


カーブする2本の線路。
さらにもう1本の線路が分岐していくのがわかります。


田浦駅から2本並んでいた線路は1本に収束します。


柵で塞がれた貨物線。ここで引き返しましょう。
柵の向こう側は海上自衛隊の施設。
地図や航空写真を見ると施設内にもレールが残っているようです。(しかも距離が長い)



田浦の廃線。歩いてみたら意外と複雑なことが判明。
今回は田浦駅から分岐する貨物線(ピンクの線)をたどりました。


続く