豊田車両センターまつり


今日、「豊田車両センターまつり」と題したイベントが開催されました。
豊田車両センターが一般に公開されるイベントは初だと思います。


普段は入れない豊田車両センターの構内。


台抜きされたE233系
リフティングジャッキ、天井走行クレーンを備える修理場です。


ピット内には115系訓練車とE233系がいました。


車両展示されている場所へ行くと211系がいました。


高崎から疎開のために豊田に来たようです。
代わりにE233系3000番代は姿を消しました。


115系長野色。


E231系と209系。
注目すべきは両者とも豊田行きを表示していること。


E231系800番代もゲストとして来ました。


転削線のアント。
アンテナが付いているので、無線で動くタイプのようです。


E351系も松本から駆けつけて来ました。
E351系は隣の中央線を走っていますが 、豊田車両センターには基本的に入庫しません。
そんな光景がちょっと新鮮です。


車両展示はたくさんの人が撮影していました。


再びピットへ。
115系のメンテナンスを見学させてくれるそうです。


メンテナンスを見学とはどんな物かと思えば空ノッチの実演でした。
ノッチの指令毎にカムモータが回転するとカム軸も回転、接触指が動作する様子は正に電車を動かしていると思わせる光景でした。
こんな電車を整備してみたかったです。


午後になると車両展示にE257系が登場しました。


E233系の行き先に注目。
富士吉田から富士山に書き換えたようです。
列番の3776Mも芸が細かい。


115系は廃車間近だからか撮影者が一際多かったように感じました。


E231系と209系。
特に209系は他の支社からわざわざ都合を付けて借りてきました。


クハ201-1はいつもの場所にいました。


初めて行われた豊田車両センターまつり。
これから定期的に行われるイベントになることを願い、〆ます。